トップページ | 2008年3月 »

NOCTILUX vs EF50mm1.0L・・・2

先の写真の周辺(左上)をもう少し拡大してみると・・・

ef5010 noct02

ノクチルクスは強烈な周辺落ちに加えて、中心へ巻き込むようなボケ味が特徴。対してEF50/1.0Lは一見平凡に見えるものの、近距離のボケ味が二線ボケというか、まるで色鉛筆で描いたような絵画調っぽい描写になってくれます。

左がEOS 5D 、EF50mm1.0L、絞り1.0
右がライカMP、NOCTILUX50mm1.0、絞り1.0

| | コメント (3)

NOCTILUX vs EF50mm1.0L・・・1

早くもネタ切れ気味ですが・・・^^;

EOSデジタルvsライカ対決。というより
EF50mm1.0L vs NOCTILUX50mm1.0描写対決かな。

IMG_7127 05101437

左がEOS 5D 、EF50mm1.0L、絞り1.0、ISO100
右がライカMP、NOCTILUX50mm1.0、絞り1.0、ISO100

| | コメント (14)

LEICA vs 5D ・・・2

そして今回の撮影結果。
5Dもキレイだしきめ細かいしノイズ見えないんだけど・・・
結果を見ると写真の良し悪しって、解像度でフィルムを超えたとか、ノイズが少ないとか色がキレイとか、実はそんなのどうでも良くて、
撮ったときの想いが小さな写真からどれだけ感じられるか、それだけなんですよね。

10140013 LEICA MP  , NOCTILUX-M50MM1.0

今回もぼくに素敵な絵を見せてくれたのは5DではなくライカMPでした。

| | コメント (4)

LEICA vs 5D ・・・1

PA160016

どっちも僕にとって欠かせないシステムなので、比べちゃいけないのはわかってますが・・・(^^;

今までデジ一眼はAPSだったせいもあり、写真をみてシアワセになれるカメラはライカだけだったので非常に住み分けが明瞭でした。が、しかし当分先かと思ってた、フルサイズで常用できる一眼デジが出てしまい、気になるのはいよいよデジタルがライカシステムの領域を食ってしまうのか?でして。。

もちろん絶対的なシステムの軽快感はまだまだライカ。とはいえ、とりあえず撮影時に関してはもはや対等のレベル、いや、AFとAEがある分5Dの方が軽快かもしれなくて、普段の何気ないスナップ、たとえば35mm2.0等単焦点レンズをつけてブラっとするにはデジタルがより好奇心旺盛になれるかなーと。

一方で「デジタルだからいっぱい撮れる=いい写真が撮れる」ってことは決してない事が痛いほど体験してるんですけどね。。(ーー;

| | コメント (8)

5D実戦投入

IMG_7035 EOS5D EF70-200mm2.8LIS

毎年恒例?、国営昭和記念公園のコスモス畑に行ってきました。1年に1回だけの、僕の中で一番大切な撮影です。今年はライカMP+ノクチルクスと、EOS5D+EF50mm1.0L+EF70-200mm2.8LIS。

コスモス撮影なんて楽勝♪な分野なのでしょうけど、これが撮ってみると奥深くて毎年苦戦してて。。(笑)
まず一番大切なのが光の状態。晴れてることを大前提としつつ、トップライトの日中はロクに絵にならない為、開園9:30~10時くらいまでか、午後3時~4時のキレイな斜光になるわずかな時間帯が勝負時となります。
2番目に大切なのが、子どもの機嫌。。(ーー;ハッキリいって子どもは遊びたいだけ、写真なんてどうでもいい訳で、そこをなだめてなんとか15分1サイクル、これを3回が限界です。機嫌が悪くなると途端に表情にでますからその後何百枚撮ろうがいい写真は撮れないので、スパっと切り上げて遊びに移るのも重要です。

そして3つめ、撮影ポイント。これはもう毎年違う開花状況の中で、しかも上記2つが重なる僅かな時間帯の中で、さっさとロケハンして絵になるポイントを何箇所も見つけるか、というかほとんど運次第で(^^;絵にならない時間帯、絵にならない場所で何枚撮ってもムダになるだけで。。

というわけで今年も大苦戦、5Dで200枚、ライカで80枚撮って、合格は1割でした(^^;

| | コメント (13)

5D vs 1Ds ・・・4

23123697_641

ズバリ5Dと1Dsの長短所は?

EOS-1Dsの長所:
  立体感と深みの感じられるフルサイズの絵。
  手に染み付いたEOS-1系の操作系と安心の防塵防滴仕様。
  プロ仕様らしく、非常にきめ細かいカメラの設定ができる。

EOS-1Dsの短所:
  デカイ&重い。ついでにバッテリーもデカイ。ハッキリいって凶器になる。
  デジタルメニューの意味不明な操作系。
  液晶が小さくて見にくい。

EOS5Dの長所 :
  高感度でもノイズレスで、色がキレイなフルサイズの絵。
  フツーに小さくて軽い。バッテリーもたくさん持ってるBP511系。
  感覚的に起動時間ゼロ、シャッター押せばいつでも撮れる。

EOS5Dの短所 :
  液晶が大きいくせに屋外で見にくい液晶。
  1系に比べると貧弱なAF性能。
  賞味期限が1系より短そう。

という感じでしょうか。。

| | コメント (10)

5D vs 1Ds ・・・3

45204440_411 45204440_881

 

次は高感度テスト。
5DはISO1600さらに機能拡張でISO3200まで対応できますが、
1Dsは最高ISO1250留まりです。
なので揃えてISO1250対決をしてみました。


左が1Ds+EF35mm1.4L,Av絞り2.0,ISO1250,絵:カラーマトリックス3
右が5D +EF35mm2.0,Av絞り2.0,ISO1250,絵:スタンダード

個人的にお遊びスナップ中心という適当な用途なので^^;ノイズはさほど気にするでもなく、1Dsの高感度ノイズも気にしないでISO640あたり常用してましたが、改めて1Dsのノイズを等倍で見ると、やはり暗部を中心に結構盛大に出ております。。
画素数のせいかレタッチなしのお店小型プリント程度ではほとんど気にならないものの、レタッチで暗部持ち上げると・・・いや怖くて持ち上げられません(ーー;

対して5Dは、さすがです。等倍でみてもノイズらしいノイズがみえません。さすがに暗部にはうっすら乗りますが・・・
その代わりに細かなディティールが失って・・・なんてのは1Dsユーザの負け惜しみでしょう。。これだけの高画素では言い訳にもなりません。。

じゃ、実用上どうかというとお店2Lプリント程度では決して大差ではなく、多少粗いかな程度の差です。(絵にもよりますが)それよりも全体の絵の雰囲気は・・・ノイズとか解像感だけで語れるものでもなく・・・微妙に1Dsに魅力を感じてしまう私です(^^;
というわけで撮影分野、最終出力形態で評価は全然違うんではないかと想像しておしまいです

| | コメント (2)

5D vs 1Ds ・・・2

44783798_1431 44783798_281

 

  

 

早速ノーレタッチのままお店プリントで2Lにしてみました。
5Dはピクチャースタイルをスタンダードモード、1Dsはパラメーター3です。
プリント対決では色がキレイで自然、対して1Dsは全体に緑かぶりしてるみたいな、どんよりした色合い、ぱっと見勝負は5Dの圧勝です(たぶん)。1Dsもレタッチすれば見違えるんですけどね・・・


左が1Ds、EF50mm1.0L、Av絞り1.4、+0.7補正、ISO100
右が5D、EF50mm1.0L、Av絞り1.0、+0.7補正、ISO100

| | コメント (0)

5D vs 1Ds ・・・1

44466086_2401

44466086_1121

44466086_1831


 

 

撮り比べてみると、どうも1Dsの方が解像感は高く感じます。
とりあえずデフォルト設定なのでこれからいろいろいじってみないと何とも言えませんが、1Dsがピクセル単位で見せるなら、5Dは画素数で見せるような。。ローパスフィルターの差でしょうか?それとも単なるシャープネス設定の差??


左が1Ds等倍、右が5D等倍。
レンズはどちらもEF50mm1.0L開放

| | コメント (2)

EOS 5D購入

44259303_1481
早々に予約して発売日に入荷連絡入ったものの踏ん切りつかなかった5D。あちこちの最初期レポートを読み、あらかた評価が高く特に問題点もなさそうなので、やっとふんぎりがつきました^^;
結局1Dsは残して10Dと入れ替え、10Dは露出オーバーになるのがどうにも使いづらいもののいい機種でした。。(が中古購入1年で半値とは>_<)

簡単なインプレですが・・・
実際触ってみると10Dとほぼ同じなので新鮮味がなく代えた気がしません。。1Dsと比べてしまうとちょっと貧弱な造りはまあしかたないとして、やっぱりこのサイズはいいです(ていうか1Ds重すぎ)

シャッターは少々ショックが大きいです。10Dのシャッターが実に静かで最高だっただけにちょっと残念かも。。

で、さっそく1Dsと撮り比べしてみました。
画質は、ISO1250で比べると、1Dsは等倍で見るとノイズけっこう出ます。プリントではさほど目立ちませんけど。対して5Dは等倍で見てもこれといったノイズが出ません。ちょっと恐ろしいほどキレイです。半面、やや細部が潰れがちな気がするような。。

Dsの方が、きちんとピクセル単位で分解してる気がするのは気のせい?Dsのちょっとざらっとした感じも捨てがたいのが本音です。
オーバー目に出る10D、ちょいアンダー目に出るDsに対して5Dはほぼドンピシャで露出が出てくれるのはなにより嬉しい点です。ていゆか10Dは何だったんだろう(ーー?

AFは、こんなもんかな~思ったより広範囲に広がってて精度もけっこうきっちり合います。(でもあたりまえだけど暗いところでは全く役に立たず)
1Dsの45点はEF50mm1.0L使用時にもノーファインダーでスナップできるのが取り柄ですが、これでも必要十分って感じです。

とまあこんな感じでほぼ満足な5Dですが、やはり最大にして数少ない欠点は価格でしょう。フルサイズ素子の価格さえ下がれば中身は5万円の10Dと変わらないのが・・・おそらく2年後には20万切って後継機が出てくるでしょうから。でも、まあ夢のコンパクト・フルサイズ機ですから、キャノンの心意気が10万円てことで・・・^^;

| | コメント (0)

トップページ | 2008年3月 »