« LEICA M6J NOCTILUX-M50/1.0 | トップページ | 春恒例の自転車欲しい病・・・ »

EF200mm1.8Lの思い出

昨日、仕事の帰りに久しぶりに行きつけのカメラ店に寄ったら、滅多に見かけない中古のEF200mm1.8Lがありました。プライスタグは程度はそこそこだけどホコリが少し多めで24万円。。

このEF200mm1.8Lはもう20年近く前かな、学生時代に愛用してたレンズで、当時EOS-1nに付けて彼女のポートレートを撮ったりしてましたが、レンズ本体のみで3kg、カメラボディとフードを付けて4kg超の重さはハンパじゃなく、究極の写りを求めるための三脚とレフ板とレフ板の為の固定器具とその三脚にレンズ専用バッグとフル装備で出かけてたんだから、当時の自分でもこんなに思い機材持ち歩いて何やってるんだろうと訳分からなくなってたぐらいです(ー_ー;)

それでも、さすがに写りはもうメチャクチャよく、本当に隅々まで完璧で恐ろしいほどの切れ味があったし、そんな写真を見れるだけで十分元が取れると思ってました。ただやはりこのレンズを持ち出すのには気合いが要ったし、自分の使うレンズも少しずつワイド系に移っていきEF85mm1.2Lでも長く感じてたとき極上中古のEF50mm1.0Lと出会い(確か22万でした)、ここでこの銘200mmレンズと区切りをつけたのでした。

Epsn0410

                                                            R-D1  NOCTILUX-M50/1.0

で、再び昨日、この最高の200mmでいつかこどもを撮ってみたいとずっと思っていただけに、思わず手にとって延々小1時間悩んでしまいました(^^;。。が結局、2本の50/1.0がある今もう出番はないだろうと、結局そのまま買わずに帰ってきたんですが、いまだに買っておいてもよかったと思ってしまうあたり情けないです。。それにしても久しぶりにドキドキした再会でした。

|

« LEICA M6J NOCTILUX-M50/1.0 | トップページ | 春恒例の自転車欲しい病・・・ »

EOS DIGITAL」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« LEICA M6J NOCTILUX-M50/1.0 | トップページ | 春恒例の自転車欲しい病・・・ »