« 2008年5月 | トップページ

EOS-5D + EF50mm1.0L

Img_5345

地面におえかきできる石をみつけたそうで。

Img_5319

       EOS-5D + EF50mm1.0L  Av 1.0

| | コメント (4)

LEICA MP ELMARIT-M90/2.8

Fh000020_2

気を取り直してライカMPにエルマリートM90mmを付けてみると、きちんと90mm枠が出てくれて、ぐっと使いやすくなります。(っていうかそれが当たり前なんだけどね^^;)  MP(0.72)に1.25×マグニファイヤを着用すると、90mm枠はそこそこ大きく見え、フレーミングも快適に。

この状態では距離計精度は十分出てるようだし、ぐっと奥行き感のある描写をみると、この90mmを90mmとしてフルサイズで素直に使う限りでは、エルマリートが長年培ってきた人気もなるほどとよくわかる気がします。

| | コメント (6)

R-D1  ELMARIT-M90/2.8

Epsn3455

とりあえずR-D1に付けて朝のお散歩。R-D1にエルマリートM90mmを付けると、換算で135mmとなりますが、如何せんR-D1には90mm枠も135mm枠もなく、仕方ないので50mm枠の白線を頼りに殆ど勘で撮るしかなく。。(--; 外付け135mmファインダーを買うかというと、まあ、R-D1でそこまで使わなくてもいいかなと。(--;

Epsn3434_3

それでも思ったよりはピントも合うし、ちょっと寄りたい時などいいかも知れません。ただ、ちょっと寄りたいときにおそらく持ち歩いてないような・・・

Epsn3445

     R-D1  ELMARIT-M90/2.8  Av f2.8

| | コメント (2)

ELMARIT-M90/2.8

またやってしまいました、ライカレンズを・・・。。いつかは欲しいと思いつつ、でも使わないだろうと手を出さなかった中望遠レンズ。いや、何回か買いそうになったことはあって、それはSUMMICRON-M90mm2.0だったり、ある時はELMARIT-M90mm2.8だったり。まあ年式や程度によっては比較的安いため試しにちょこっと使ってみてもよかったんだけど、これまでは只でさえ少なかったライカM型の出番の中で使わないよな~と、ある意味極めて正常な判断ができてたのです(^^;

Img_2513s

しかしライカウィルスが増殖してしまったのか、今だったらバリバリ使うぜっ!とまでも行かなくてもポートレイト用途に使ってみたいという気持ちが大きくなり、やってきました現行ELMARIT-M90mm f2.8くん。

基本的にライカ純正レンズに関しては・・・

1.とりあえず’90年代以降。(でも35mm1.4以外はASPHには拘りなし)
2.できるだけデジタル文字。(なので新型summaritはパス笑)
3.できるだけ色気のあるシルバー(真鍮製)。

理由は、自分がライカに入門したのが’90年以降であり、現代らしい端正ですっきりした外観が好きなのと、現行は発色が鮮やかに感じるから。(っていうかどうしても古めのレンズは発色がパキっとしない印象が残ってまして。。) そしてこのエルマリート90mmですが、まず外観は大きさもコンパクト、そのくせ真鍮製なのでずっしりと重くて存在感があります。デザインもスラっとしてて端正な姿が美しいシルバーカラーでいっそう映え、個人的にはかなり気に入ってます(^^)

| | コメント (2)

EOS-5D + EF50mm1.0L

Img_9877

       EOS-5D + EF50mm1.0L  Av 1.0

| | コメント (6)

EOS-5D + EF50mm1.0L

Img_9873_2

          EOS-5D + EF50mm1.0L

| | コメント (0)

EOS-5D + EF50mm1.0L

Img_9392

       EOS-5D + EF50mm1.0L  Av 1.0

| | コメント (6)

« 2008年5月 | トップページ